【2024年最新】外遊びおもちゃの年齢別おすすめ30選!

みんなどんなおもちゃで外遊びをしているの?
子どもの年齢にあった外遊びのおもちゃってどんなものがあるの?
プレゼントにおススメの外遊びのおもちゃって?

と考えている親御さんも多いのではないでしょうか!?

実は、スポーツで重要な”運動神経”は、幼児期に急激に成長し、4歳で全体の約80%、6歳で全体の約90%が完成するといわれているため、幼児期に運動神経を刺激する、さまざまな運動あそびを経験させることが大切です。

この記事では、大学で幼児期の子どもの運動能力を調査・研究していた筆者が、幼児期の子供にちょうど良い外遊びのおもちゃをご紹介します!

この記事で分かること
  • 幼児期の運動発達に最適な外遊びのおもちゃがわかります!
  • 幼児期の子供へのプレゼントに最適なおもちゃがわかります!

年齢別で特におすすめのおもちゃは知りたい方はこちらの記事をご確認ください!!

私の3人の息子たちや、友達が楽しく遊んでいるおもちゃのみを厳選しておすすめします。

長男:2018年4月生まれ
次男:2020年3月生まれ
三男:2021年12月生まれ
目次

外遊びおもちゃ!【月齢別おススメ表】

月齢別に運動発達レベルを考慮したおススメのおもちゃ、遊びをまとめてみました!

個人差はありますので、あくまで参考としてください(*^ ^*)

子どもが楽しめる外遊び用おもちゃ!【スポーツ編】

サッカーや野球など、我が子に特定のスポーツをやってほしいと思っている親御さんは多いと思います。
ここではスポーツにつながる魅力的な運動あそびの道具をいくつかご紹介しましょう!

蹴るあそび

サッカーボール

ボール一つで遊べるサッカーボールは子どもの運動あそびに欠かせないアイテムです!!

次男:当時3歳6カ月
  • 3歳の前半くらいまでは当たっても痛くない、柔らかめのボールがいいでしょう。
  • 3歳の後半くらいからは柔らかいゴムボールより、本格的なボールも蹴れるようになってくると思います!大きさは3号がちょうどいいです!

サッカーゴール

ゴールがあるだけで不思議と狙って蹴りたくなるのが子供ごころ!ゴールを設置してモチベーションを上げてあげましょう!

  • ポップアップ式のものだと、コンパクトなので持ち運びと収納に便利です!
  • 裏面は四隅と真ん中を狙うキックターゲットになるので自然とコントロールの練習になっていいですね!
  • 簡易組み立て式のものはポップアップ式よりもしっかりしています!

投げるあそび

野球ボール

長男:当時4歳0か月
  • 満2歳くらいまでは握りやすく、ケガもしにくい柔らかいスポンジボールがおすすめです。

3歳くらいから、徐々に空気の入ったゴムボールや本格的なボールに移行していきましょう!

投げる能力を鍛えるためには、いろんな大きさのボールを投げることもおすすめです。

グローブ

  • 4歳はまだ握力が弱いので、ふつうのグローブではうまく握ることができないので、初めての子ども専用に設計された握りやすいグローブがおススメです!
  • 下のアシックスのファーストグローブは握りやすい設計に加えて、左右どちらでも使えるので、利き手が決まっていない幼少期の子供に最適です!
  • 4歳以降は徐々にジュニア用のグローブに移行しましょう!

打つ系

ボールや羽を打つ動作は小さな子供にとって少し難易度の高い運動になりますが、上手に当たった時のうれしさははかり知れません!3歳くらいから徐々にできるようになってきますので、最適なおもちゃを選んであげましょう!

オゴディスク

  • 3歳くらいまでの子におすすめなのが、手の近くで操作しやすいディスク型のおもちゃです!
  • オゴディスクなら、ボールを打つ遊びと、フリスビーのように投げる遊びを二つ楽しめます!
  • ボールを打つ面が手に近いので当てやすいのが特徴です!
    *なかなか当てれないと子どもも嫌になるので、大事なポイントです

バドミントン/タルボットトロ

バドミントンやタルボットトロは近くの公園や広場で手軽に遊べるので、親子で楽しめておすすめです!

バドミントンで遊ぶ2歳児
次男:当時2歳6カ月
  • 4歳以降の子供におすすめなのが、短めのバドミントンなどのラケット系のおもちゃです!
  • タルボットトロなら、面が大きくて当てやすいし、ボール(羽)が風に負けにくい設計になっているので屋外でも楽しめます! 楽しい!=もっとやりたい!つながることが大事です。

バッティングセット

子どもに野球をやって欲しい親御さんにおすすめです。
ただし、野球のバットを握って、ボールを打つ動作はとても難しい動作ですので、まずはオゴディスクやタルボットトロのようなやさしい道具で、ボールを打つ感覚を身につけましょう!

子どもが楽しめる外遊び用おもちゃ!【乗り物編】

乗り物を乗りこなすためには、全身のバランス能力や目と身体の協調性が必要になるので、全身の運動能力をあげるとても良い運動あそびになります!
特に自転車は大きくなった時に、通学などでも使う可能性があるので、小さいうちに、遊びながら身に着けておきましょう!!

足ですべる系

ここでは、足で蹴って進めるおもちゃの代表として、キックボードとスケートボードをご紹介します。

キックボード

年齢別のキックボードの選び方とおススメのキックボードを紹介しているので、こちらもぜひ見てみてください。

スケートボード

長男:当時5歳9か月
  • 4歳くらいまではバランス感覚を覚えるために、手でつかむところが付いているモデルがおすすめです。親子で楽しめますよ。
  • 5歳くらいから、よく見かけるスケートボードにチャレンジしてみると良いと思います。
  • 必ずヘルメットやエルボーガードなどを付けて、親子で楽しみましょう!!
  • スケートボードの進化系で、リップスティックというタイヤが二つのモデルもあります!
  • 最初はバランスをとるのが難しいですが、リップスティックが乗れるようになると、スノーボードやサーフィンの上達にもつながります!

スケートボードやリップスティックについて、年齢別にどのモデルを選ぶのがよいか、おすすめの商品を紹介しているので、ぜひこちらもご確認ください。

足でこぐ系

ここでは補助輪無し自転車をゴールとして、自転車に乗るための各ステップで楽しめる乗り物おもちゃについてご紹介します。

自転車

三男:当時1歳6カ月
  • 2歳くらいまでは前が二輪の”三輪車”や、”四輪の乗り物”に乗るのが安定感があっておすすめです。
    まずは乗り物に座って進む感覚に慣れましょう!!
  • 2歳半から3歳くらいになると、”ストライダー”に代表される、ペダル・チェーンの無い二輪車がおすすめです。「全身のバランス感覚」と「手のブレーキ動作」を覚えるようにしましょう!
  • 3~4歳くらいになると、徐々に補助輪付き自転車に乗れるようになってきます。補助輪付き自転車では、「足でペダルをこぐこと」「腕でしっかり支えること」を覚えましょう!
  • ここまでのステップを踏んで4歳くらいになると、もう補助輪なしの自転車に乗れるはずです!これまで身に着けたすべての感覚を駆使して「バランスをとりながらペダルをこぐ」ことを覚えましょう!
  • それぞれの段階に合わせて自転車を買うのは経済的にも大変なので、オールインワンの自転車として、ケッターサイクルがおすすめです!
  • ケッタ―サイクルは、これ1台で、ストライダーにも自転車にもなるとても便利な自転車です!
  • 母親でも簡単な作業でストライダーから自転車に変形することができます!(所要時間5分!)
ケッターサイクル2 12インチ 身長85〜115cm 子供用自転車(ブルーミングホワイト)ピープル サポートハンドル 男の子 女の子

自転車に乗るためのコツと年齢別におすすめの自転車について、他の記事で詳しく解説しているので参考にしてください!

バランス系

ここでは特に全身のバランス感覚を鍛えるための運動あそびのおもちゃをご紹介します。全身のバランス感覚を鍛えることはあらゆるスポーツにも役に立ちますので、ぜひ参考にしてください。

ぱかぽこ/スポーツ竹馬/ホッピング

次男:当時3歳9か月
  • 2~3歳くらいの子には「ぱかぽこ」がおすすめです。バランスを取りつつ、手で紐を引っ張りながら足の動きを連動させる必要があり、案外難しく、バランス感覚と手足の協調性を鍛えるのに適しています。
  • ぱかぽこができるようになったら、竹馬にチャレンジしましょう!4歳くらいから徐々にできるようになってくるかと思います。身長に合わせて、数段階で調整できる竹馬がおススメです!
  • 竹馬ができるようになったら、次はホッピングがおすすめです。一本足のおもちゃで的確に地面を押さないと真上に飛べないので、全身のバランス感覚が必要になります。
長男:当時5歳6カ月

子どもが楽しめる外遊び用おもちゃ!【お庭編】

お家に十分な広さのお庭がある場合、中型・大型の遊具を置いてあげるだけでそこは子供たちにとって遊びの楽園になることは間違いなし!!遊具遊びは子供の運動能力の向上にとてもとても大事です!!

砂場あそび

長男:当時3歳11か月、次男:当時2歳0か月
  • 砂場遊びは砂を使って遊んで創造力を養うだけでなく、砂を掘るために全身を使ったり、裸足や手で砂を触ることで豊かな触覚が養われたりします!
  • 2歳以下の小さな子どもでも楽しめますので、近くに公園の砂場が無い場合は検討してみてください!

ジャングルジムあそび

長男:当時3歳11か月
  • ジャングルジムを使った遊びでは、登ったりくぐったり、細いバーを渡ったりすることで本当に多くの運動能力を養うことができます。
  • 3歳くらいの子どもにはぜひ遊ばせたい遊具です!近くの公園にジャングルジムが無い場合はぜひ庭への設置を検討しましょう!

ブランコあそび

次男:当時3歳6か月
  • ブランコを使った遊びでは、全身のバランスをコントロールしたり、スピードにさらに勢いをつける体の使い方を覚えたり、重力や慣性がどのように働いているのかを体感的に学ぶことができます。
  • ブランコは2歳くらいから親と一緒に遊ぶことができますし、6歳くらいになっても違った楽しみ方ができるので、長く遊べる遊具だと思います。
  • 近くの公園にブランコが無い場合はぜひお庭への設置を検討しましょう!

シーソーあそび

運動あそびとは
長男:当時5歳2か月、次男:当時3歳3か月
  • シーソーを使った遊びでは、バランスをコントロールだけでなく、足で飛び跳ねる動作や、重力や慣性がどのように働いているのかを体感的に学ぶことができます。
  • シーソーは2歳半くらいから親と一緒に楽しく遊ぶことができます!
  • 近くの公園にシーソーが無い場合はぜひお庭への設置を検討しましょう!
Online ONLY(海外取寄)/ LIFETIME エースフライヤー エアプレーン プライマリー シーソー 大型遊具 /配送区分B

子どもが楽しめる外遊び用おもちゃ!【水遊び編】

春から夏にかけて外で子供たちと遊べる運動あそびのおもちゃをご紹介します!

プールあそび

ウォーターテーブル

水遊びする4歳児
長男:当時4歳3か月、次男:当時2歳4か月
  • たくさんの仕掛けやおもちゃで水遊びが楽しめるウォーターテーブルは夏におすすめのアイテムです。
  • 特にコストコで売っているウォーターテーブルは大人気なので、いつも品薄ですね!
  • プールよりも省スペースで、水の量も少なく遊べます!

キッズプール

  • 始めは水深の浅い噴水マットがおすすめです。1歳までのハイハイの子どもでも親と一緒に楽しめます。
  • 3~4歳くらいになったらある程度深さのあるプールで、浮かんだり泳いだりすることにチャレンジしましょう!
  • 屋根付きだと、真夏でも日を避けながら楽しめます!

海あそび

こどもが楽しめる外遊び用おもちゃ【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

お子さんと楽しめそうな遊びは見つかりましたか?

運動発達の進み具合は個人差があるので、ぜひお子さんができることを理解したうえで、ちょっとだけチャレンジが必要な難しさのおもちゃで遊んでみてください!

私の子供たちがそれぞれの月齢で何ができて、何ができなかったかを下の表にまとめていますので、参考にしてみてください!

2022年4月時点次男ゆうせい
ゆ~ちゃん/2歳0か月
長男こうたろう
こ~ちゃん/4歳0か月
スポーツ/蹴る系【ボール(硬)】硬いの早いGODD
スポーツ/蹴る系【サッカーゴール】狙えない楽しい!。
スポーツ/投げる系【グローブ&ボール】捕れないもう少し!
スポーツ/投げる系【フライングディスク】投げれない楽しめる!
スポーツ/打つ系【タルボットトロ】当たらないもう少し!
スポーツ/打つ系【バッティングセット】バット危険当たらない
乗り物/足ですべる系【キックボード(二輪)】二輪早い得意げ
乗り物/足ですべる系【リップスティック】まだ無理もう少し!
乗り物/こぐ系【ストライダー】楽しい!余裕!!
乗り物/こぐ系【自転車 補助輪付き】練習中余裕!!
乗り物/バランス系【スポーツ竹馬】危険もう少し!
乗り物/バランス系【ジャンピングボール】まだ無理もう少し!
公園/砂場【スコッピ―】できる!楽しい!
公園/すべり台【キッズスライダー】できる!お手の物!
水遊び/プール系【屋根付きプール】ヒヤヒヤ問題なし!
水遊び/道具系【ウォーターテーブル】楽しそう!楽しい!

運動あそびLABでは、お子さんの運動あそびに役立つあそびのアイデアやおすすめのおもちゃなどを紹介していますので、ぜひ他の記事もご覧になってください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!

この記事が気に入ったら、ぜひ一言コメントくださいね!

ブログ執筆の励みになるので、ぜひSNSフォローもお願いします!!

そして他の記事も読んでみてください(*^ ^*)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次